西日本ツーリング2015 3日目(角島~本州最西端~下関~福岡県)

なかなか終わりませんが、続きです(^_^;)

>西日本ツーリング2015 3日目(角島~本州最西端~下関~福岡県)


9月21日(月)

この日も朝5時前に起床。
北海道と比べると西日本の朝は遅く、外はまだ真っ暗でした。

どうも暗いうちの出発は億劫で、結局6時過ぎに山口市湯田温泉のホテルを出発しました。




最初の目的地は『角島大橋』です。
googleマップに行き先を登録し、経路は全てお任せで向かいます。

朝早めの為か交通量が少なく、よくわからない抜け道を北海道並みの快適ペースで快走、美弥市を経由して角島へ。
角島が近づくにつれて車の量が増え、流れが悪くなっていきます(^_^;)



『角島大橋(つのしまおおはし)』
山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。山口県道276号角島神田線の一部。2000年開通。通行無料。


7:20到着でしたが、撮影スポットとなっている脇道には既にたくさんの車とバイクがいました。

写真を撮って遊んでいると・・なんと三河CB400SBさんと3日目の再会!!
前日の明るい時間に間に合わなかった為、朝早く暗いうちから走って小倉の宿から戻ってこられたとのことでした(´▽`)



バイクをベストアングルの場所に近付けるため、駐車の列に穴が空くたびにジワジワと移動させていきます。
同じことをしている車・バイクが数台いました(笑)



珍しく一眼レフで撮った写真(^_^;)
適当に撮ってもやっぱりコンデジとは違うなぁ・・。



角島へ向かいます。



三河CB400SBさんは長門市方面へと向かうということで、ここでお別れとなりました。




『角島灯台』
角島の北西端、夢ケ崎に立つ石造の灯台。灯塔は総御影石造りで、日本に2基しかない無塗装の灯台の一つ。日本の灯台50選に選ばれているとか。


有料で中に入れるようですが、まだ営業時間外でした(^_^;)
ここで朝食代わりに焼きイカを食べました。写真は枚数制限のため割愛します。


こちらは角島大浜海水浴場・キャンプ場の駐車場。
脇の芝生に数張りのテントがありました。


ここで、この先の行き先を考えます。
当初は長門・青海島方面へ向かおうと思っていましたが、さすがシルバーウィーク、8:50の時点で交通量が多くなってきており、昨日の渋滞を考えるとうんざり(´Д` )

せっかくなので九州まで足を延ばしてみることにしました(´▽`)

と言っても、ガイド本も地図も中国・四国のものしか持っていないため、スマホで「福岡県・ツーリング」と検索して行き先を探します。
それらしいものが出てきたため、まずは下関方面へと南下します(´▽`)


一応『海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)』にも寄り道。



途中、道の駅「豊北(ほうほく)」に寄り道し、お土産を購入。
立派な道の駅で、朝から混み合っていました。



『毘沙の鼻(びしゃのはな)』
山口県下関市吉母字御崎にある本州最西端の岬である。


こちらはマイナースポットのようで、主な訪問者は県外ライダーと、車がちらほら。決して人は多くありませんでした。

最西端に訪問した証明書がもらえるそうです。



展望。見えている島は「蓋井島(ふたおいじま)」。右端に角島も見えました。



ここにはさほど滞在せず、下関市内へと向かいます。
道中は混み合っていました。

下関市街地に入ってgoogleマップの調子がおかしくなり、少し迷子になりましたがなんとか目的地へ到達しました(^_^;)



『火の山公園』
山口県下関市火の山山頂にある都市公園瀬戸内海国立公園の一部であり、関門橋関門海峡を挟んで下関市街地と福岡県北九州市門司港を一望にできる場所にあることから、多くの観光客が訪れている。


山の上まで車・バイクで登ることができ、山頂には立派な立体駐車場があります。
上の写真に小さくタイガーが写っています(´▽`)


展望台は台風の影響で閉鎖中・・・。だから駐車場もガラガラだったのかしら(^_^;)



公園案内図。ロープウェイもあるようです。



関門橋方面は展望台の横から望めますが、やっぱり微妙(^_^;)



関門橋をズームすると、下関へ向かう車線が渋滞していました。
後ろに「門司港レトロ展望室」のビルが見えます。



この後は「みもすそ川公園」に行き「関門トンネル人道」を歩く予定でしたが、googleマップの渋滞情報では付近の道路は真っ赤(渋滞)。
実際にそちらへ向かう方面の車の流れは完全に止まっていたので、諦めてさっさと九州入りすることにしました(^_^;)



関門自動車道『壇ノ浦パーキングエリア』


ちょうど12時頃でしたので昼食にすることにしました。

PAの1Fレストランにて。
「ふく(ふぐ)ぶっかけ丼」 1000円弱



どれがふぐなのか全くわからず・・。ほぼ「野菜のドレッシング和え丼」(´д`)
ちなみに、後ほど出会った人に、どれがふぐだったか教えてもらいました(笑)



レストランの窓から望む関門橋。九州はとても近いです。



いちごソフト。定価は380円。PAでお買い物すると50円引き券がもらえました。



ここでお会いした横浜ナンバーのBMW・GSライダーに、「PAの中に九州の地図が載ったパンフレットがあるよ」と教えてもらい、ゲットしました。
その方も私と同様、九州に上陸の予定ではなかったそうです。
ちゃっかり行き先の相談もさせてもらいました(´▽`)

ここまで来ると札幌ナンバーは目立つようで、車の人にも話しかけられました(笑)



PAでゆっくり過ごした後、ついに人生初の九州上陸を果たします\(^o^)/


相変わらず反対車線(本州へ向かう方面)は渋滞していました・・。

門司港ICで高速を降り、「ノーフォーク広場」へと向かいます。
関門トンネル入口前を通り過ぎると、トンネルは通行止めになっていました(^_^;)


・・・どこが「ノーフォーク広場」かわからず、それっぽい駐車場にて(笑)



「和布刈(めかり)神社」近く、関門橋の下。



九州・門司側は、本州・下関側に比べて混み合っておらず快適でした。
そこで、先ほど行けなかった『関門トンネル人道』の門司側入口へ(´▽`)



『関門トンネル人道』
歩行者・自転車・50cc以下の原動機付自転車が利用できる幅4mのトンネルである。地上とトンネルの間はエレベーターを利用する。


こちらの門司側入口は、ほんの少し東側の分かりにくい場所に駐車場がありました。
意外なことに駐車場には空きがありました。まぁバイクは関係ありませんが。


こんな構造になっているようです。人道は車道の真下なんですね。



エレベーターのある広場から人道方向を望む。
当たり前ですが、空気はあまりよくないです(^_^;)



県境には大勢の人が・・。
半数くらいは日本語ではない人達でした(^_^;)



せっかく来たので、さりげなく跨ぎます\(^o^)/


今思えば、このまま下関側に抜けて「みもすそ川公園」を散策すればよかったです。


門司側駐車場から関門橋を望む。関門海峡越えた~\(^o^)/


ここで結構時間を使いました。

朝に角島で調べた、福岡県内のツーリングスポットその1へ向かう為、高速に乗ります。



『平尾台』
福岡県北東部に位置する、標高370~710m、台上面積約12km²の結晶質石灰岩からなるカルスト台地であるが、東北部の一帯はカルスト地帯ではなく、花崗閃緑岩からなる。国の天然記念物に指定されている。



なーんか前日の「秋吉台」よりかなり綺麗(´▽`)


鍾乳洞もあるようですが、今回の旅は穴の中ばかり入っている気がするので、ここはパス(^_^;)
この辺り一帯、確かにバイクが多かったです。

四国のどこかナンバーのライダーが、数日阿蘇を回ってきたと言っていました。
噴火警戒レベルが上がったはずですが、途中まで走れたそうです(´▽`)


平尾台の説明看板。ところどころ文字が掠れていますね(^_^;)



そして、ツーリングスポットその2へ向かいます。
平尾台を下り、また高速に乗り、福岡市へ向かいます。


途中「古賀SA」で休憩。
「みかんヨーグルトソフト」だっかかな。非常に旨し\(^o^)/



そのまま「都市高速」なるものに入り、「貝塚」というところで一般道へ。



片側3車線位の、ものすごく広い道を走ります(後から調べたところ、アイランドシティ、雁ノ巣、海の中道という場所を走っていたようです)。
結構な台数のバイクが走っており、皆さん高速道路並みのスピードで車の隙間をぶっ飛んでいきます(^_^;)
福岡すげー(笑)


道は次第に狭くなり、やがて砂州の上を渡り、目的地へ到達します。




『志賀島(しかのしま)』
福岡県福岡市東区に所属するである。博多湾の北部に位置し、砂州により本土と陸続きになった陸繋島。全国的にも非常に珍しい。

海のすぐ向こうに大都会が見える不思議な島です。



見えているのは多分「能古島(のこのしま)」かと・・。


とても素敵なロケーションの島です。
ここに至る道も素敵で、ツーリングスポットというのも納得です(´▽`)
島には海岸線を一周する道があります。


途中、バイクがたくさん停まっている駐車場があったので入ってみます。
すると、ここへ来る途中、前後を走っていたDS250のライダーを発見。
なんと若い女性ライダーでした(´▽`)

ここに来るまでの道はスマホにお任せで、正直自分がどこにいるかもわかっていなかったので、色々と質問させてもらいました。
そのままの流れで、海辺でコーヒーを飲みながら、日が沈む頃までお話ししていました\(^o^)/

話していた海岸の夕景。見えているのは多分「玄海島」。


この場所は海水浴場のようですが、やたら人が多いというわけでもなく、都会に近いということを忘れさせてくれる素敵な場所です。
お話ししていたその方も、よく来られるということでした。納得です(´▽`)
今回の旅で一番気に入った場所かもしれません\(^o^)/


日も沈んできたので、名残惜しいですが出発することに。

そのライダーさんが高速の乗り口まで送ってくださるということで、一緒に走ってもらいました(´▽`)



砂州の上。不思議な場所です。



砂州を渡り切った辺りで振り返ると、日が沈むところでした。
右側の陸地が志賀島です。



次第に景色が都会へと変わってきます。


やがて高速入口の分岐点へ。私は高速へ、彼女はそのまま一般道へと、走りながら手を振ってお別れしました。
う~ん、カッコイイなぁ(´▽`)


そのままノンストップで、小倉まで高速を走ります。
途中にはジャンクションがたくさんあって恐ろしかったです(´Д` )

さすが九州、真っ暗になっても半袖シャツ1枚とフルメッシュJKTでも全く寒くありませんでした。

訳もわからぬまま、なんとか小倉のフェリー乗り場へ到着。


福岡県北九州市 小倉港『松山・小倉フェリー』
(福岡県)小倉港 21:55発 → (愛媛県)松山観光港 翌5:00着


寝ている間に四国へと移動し、宿泊代を1泊分浮かせようという魂胆です。

到着してすぐに、滋賀ナンバーのCB1300のおじさんが到着して、しばしお話し。


出航時間まではかなり余裕がありました。
私は夕食がまだでしたので、歩いて小倉駅へと向かいます。
写真は枚数制限のため割愛しますが、新幹線も停まるようで立派な駅でした。

何を食べるか迷った挙句、またもやラーメン屋へ(^_^;)


直後に、先ほどの福岡のライダーさんから「焼きカレーがオススメ」と連絡が来て、ラーメン屋に入ったことを激しく後悔します(´Д` )
店の名前は忘れましたが、久留米ラーメンだとか。味は至って普通(^_^;)


夕食を終え、また歩いてフェリー乗り場に戻り、少しするとバイクの積み込みが始まりました。

今回は節約の為、2等の雑魚寝です。
全席指定席の、本当の雑魚寝でした。隣の席が近い(´Д` )


全く使っていない区画もあったので、まさかぎゅうぎゅう詰めではないだろうと考えていると、しっかり隣にも人が来ました(・д・`;)
空いているなら、少しばらけさせればいいのに・・・。

2等室の様子を見ていると、もう本当に雑魚寝のようでした。
間を空けず、男女関係なく並べられていました(^_^;)
この航路に関しては、気になる人は2000円足して2等寝台の方が良さそうですね・・・。
私にとっては、先日のヒサゴ沼避難小屋を思えばまだ快適でしたが(笑)

船内の浴室に行くと、風呂場もぎゅうぎゅう詰めのイモ洗いでした(´Д` )


その後、船内をウロウロしていると先ほどのCB1300の方と再会。
「一緒に出航みようぜ~」と誘われ、デッキに向かいます。

出航の様子。


流れゆく小倉・門司の夜景を見ながら、しばらくお話し。
色々なことに詳しい人でした。観光バスのガイドさんの如く、色々なお話をお聞きしました(´▽`)


関門橋をくぐる。
さよなら、九州。


船を見送るような上弦の月が情緒をかきたてます。(このしょぼい写真ではわかりませんけどね・・)


たった半日の九州ツーリングとなりましたが、強く印象に残るひと時でした。
ほんの端っこしか見ていませんが、とても素敵な場所です。

次の目標は九州一周ツーリングですね(´▽`)


ツーリング最終日へと続きます。


この日の走行距離   393.5km
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは*\(^o^)/*

素敵な出会いと素敵な場所に、いい旅をされましたね~*\(^o^)/*
旅の思い出は一生の宝となりますから本当に素晴らしいですね!
またわたしも旅出たくなりました!
次は東北、四国何方にするか迷ってしまいます(笑)

No title

来年は佐多岬を目指すのかな?いいネ~~
パニア3個に荷物収まっているんですか?

No title

九州初上陸おめでとうございます!北海道の方には九州が辺境ですね。旅気分もクライマックス、続きが楽しみです。

No title

平尾台の方が規模は小さいけど、きれいだと感じる事が出来て良かったね‼
人道の自撮り、上から撮ったのね?w
何だか足と腹?だけでキミョーな作品になったね。ナイスッw

No title

> ZUNSONさん
こんばんは!お返事遅くなりすみません(^_^;)

はい、今回の旅の一番の宝物は素敵な出会いの数々です\(^o^)/
今回の旅でお会いした皆さんに感謝です(´▽`)
お忙しいとは思いますが、ぜひぜひ旅しちゃってくださいね~\(^o^)/
東北でしたらタイミングが合えば駆けつけますよ~!
今年はもう連休取れなさそうですが・・・(・ω・`;)(笑)
私は春の連休の少し前に、青森・岩手の雪の回廊と桜目当てで東北狙っています\(^o^)/

No title

> 軍曹さん
はい、目指したいです~!!
しかしこんな長期の連休もう取れなさそうです・・(´Д` )

今回は登山道具もキャンプ道具も無いので、パニア3個で余裕でしたよ~!
一応シートに括れる用意もしていきましたが使いませんでした。
うち1つのパニアはお土産専用BOXになっていましたよ~(笑)

No title

> ちぇすとー!さん
ありがとうございます\(^o^)/
はい、北海道からだとバイクを事前に業者輸送でもしない限り、上陸までに丸2日かかるので辺境ですね(^_^;)
なかなか長期の休みも取れないので、やるとすれば事前輸送ですが・・金額が・・(笑)
なかなか編集に時間がかかっておりますが、もう少しお付き合いいただけたらと思いますm(_ _)m

No title

> エムさん
はい~、なにが違うのか言葉にはし難いですが、平尾台の雰囲気は好きでした(´▽`)
人道の自撮りは、混み合っていたのでサッと跨いで数秒の間に上から適当に撮りました(^_^;)
誰かに頼むにも、周囲に日本語があまり聞こえなかったもので・・(笑)
今回の旅、エムさんの過去記事をかなり参考にさせていただいております。ありがとうございます\(^o^)/

No title

これだけの観光地を1日で回られたんですか、すごいです。(^_^;)

角島の車とバイクは凄かったでしょう、年々増えていますので。(笑)
信じられないかもしれませんが、CMとかで有名になる前はマイナーな地で、車とか全然いなかったですよ。

No title

こんばんわぁ!

お別れした後、計画通りのルート、観光出来ましたか?

角島大橋は行った事がないんですよ~~~(泣)

死ぬまでには・・・・(笑)

四国で讃岐うどん、一角での骨付き鳥、食べれましたか?

思わぬ所で思わぬ方との出会い、旅って良いですよね~~~

また何処かの地で偶然に逢える様な再会を楽しみにしてます^^

No title

> るーのぼさん
西日本には滅多なことでは行くことができないので、少しでも多く回りたくて強行軍となりました(´▽`)
本当は旅先でまで時間に追われずにゆっくり見て回りたいのですが・・(笑)

角島大橋は出来た頃はマイナースポットだったのですね!
私は存在自体を最近知ったのですが、観光ガイド本にもデカデカと載っていましたよ~。
確かに北海道にもそういう場所ありますね。良いのか悪いのか難しいところですね(^_^;)

No title

> マサやんさん
こんばんは!
はい、ほぼ予定通りのルートとなりました\(^o^)/
四国でうどんは食べられましたが、一角にはいけませんでした~(>_<)
角島大橋には行かれていなかったのですか~!竿持ってキャンプツーリングも良さそうですね~!
角島にイカ売ってましたので、もしかすると釣れるのでは??(´▽`)
旅での出会いは本当に良いものですよね~\(^o^)/
また再会できることを楽しみにしております\(^o^)/

No title

こんにちは!

この記事見落としていたみたいです
関門トンネル人道を歩かれていたのですね。

後半部分はまさに「私のいつもの道」ですよ
自宅から志賀島まで一時間程度で行けますし
景色も流れもいいのでお気に入りのコースです。

陸繋島は全国的には珍しいと思いますが、私に
とって志賀島はごく当たり前の風景ですので
「やはり他地域の方が福岡を書いた記事は視点が
違うな~」と感じました。

また是非九州へいらしてください!

No title

> yakegui kotarouさん
こんばんは!
遡って見ていただいてありがとうございます(´▽`)
はい、とても気になる場所でした。yakegui kotarouさんの記事を見て、下関側まで歩けばよかったと少し後悔しました(笑)

当初は福岡に上陸の予定はなかったので、コンビニの雑誌で目に付いた場所へ向かってみました。
福岡は都会のイメージでしたが、市街地から少し走れば志賀島のような素敵なスポットもあって良いところですね!
志賀島はもう一度ゆっくり渡ってみたいです。
あの風景が当たり前というのが羨ましいです。まぁそれは私にとっての北海道の風景とも同様ですね(´▽`)

また九州へ走りに行きたいです!
是非北海道へも走りに来てくださいね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ