東ヌプカウシヌプリ・ナキウサギに会いに 2022.7.2

2022年7月2日(土)


基本的に暑い時期は登山をしませんが、気の迷いで山へ行ってきました。

この日の天気は、道央は雨っぽく道東は晴れ間のありそうな予報だったので道東へ。
バイクで行くとただ走って帰って来そうだったので、自身の退路を断つ為に車で行きました。


仕事から帰宅後、夜中のうちに札幌を立ち、道東へ入る前に力尽き就寝。
翌朝、日勝峠を越えると道東側は雲海になっていました。
01-93020746.jpg

低い位置に霧が出ていますね〜。

これから登る山はガスの上、問題無しですね〜。
02-93040750.jpg


登山口となる、鹿追町から然別湖へと抜ける白樺峠へ。

前夜から出た割に到着は9時とすっかり遅くなってしまいました。
土曜なので激混みを覚悟していましたが案外空いており、8台程度の車が停まっていました。

ちゃちゃっと準備をして、出発。
03-93080859.jpg


暑さを避けて早めに来たつもりが既に暑く、少し動いただけで汗が吹き出してきました。
森の中で直射日光が当たらないのが救いです。
04-93090904.jpg


少し進んだ地点にある「風穴」
岩の隙間からは湿り気を帯びた冷風が吹き出してきており、非常に気持ち良い。
05-93100909.jpg


吹き出してくる風は冷蔵庫くらいの温度です。
この風穴地帯の地下には永久凍土が広がっているそうです。
06-93110909.jpg


よって、この周囲は植生も違います。常に湿っているのでコケ類が多いですね。
07-93120910.jpg


淡々と登ります。特に歩きにくい場所や斜度のキツい地点もありません。
08-93160931.jpg



やがて、東側に開けた地点に出ます。
09-93190938.jpg


十勝平野の方は見事に雲海です。
01-0938.jpg


この山からは然別湖は見えません。
10-93270942.jpg


隣に位置する白雲山、天望山、岩石山。
記録によると、最後に登ったのは2014年なんだそうな。8年も前か・・・。
11-93280942.jpg


岩石山の脇にはナイタイ高原も見えます。
12-93290942.jpg



そして、程なく山頂へ。
13-93320944.jpg


山頂のナナカマドは一部紅葉していました。
14-93350945.jpg


この山の場合、ほとんどの人は山頂には目もくれず先へ進みます。
15-93370946.jpg


晴れていれば十勝平野を見渡せると思われる、低い笹藪の踏み分け道を進み〜。
02-0949.jpg


ここへ。
17-94491056.jpg


ガレ場には10名程度の人がナッキー目当てで待機していました。
そのうち半分くらいの方が超高級なバズーカ砲にテレコン付けたようなガチな方々でした(^^;

私は到着した途端にナッキーの襲撃に遭い、以降入口の岩場に1時間張り付いていました。
定期的に顔を出しに来てくれたので、奥の方へは一切行きませんでしたw

皆さん待ちぼうけしている中、私だけひたすら連写撮影するという事態が何度もありました。
しまいには、私の旧型カメラのバシャバシャとけたたましい連写音を聞き付けて、
皆さんぞろぞろと私の周りに集まってきて超密になりましたw

内容はともかく、写っている枚数だけはガチの人たちよりも撮れ高あったのじゃないかと思います(^^;


ゴンボネズミ狩り 2022.7.2

09-94381048.jpg


撮影の際には、看板の通りマナーを守って楽しみましょう。
不届き者が出てしまうと、いつかガレ場ごと閉鎖されてしまうでしょう。
(そういう人たちはそれでも気にせず入って行くのでしょうが)



ガレ場に1時間ほど滞在し、あとはのんびりと下山しました。
昼から登ってくる方も結構いました。



 【GPSログより 山行記録】
   9:08 登山口出発
   9:53 山頂到着
  10:01 ガレ場到着
  11:05 ガレ場出発
  11:50 下山

2022-07-05 19higasinupuka




下山後は「然別湖温泉ホテル 風水」にて日帰り入浴しました。
12時から受付開始だったようで、貸し切りでした。

誰もいなかったのでスマホでちょっと撮影w
20-1229321229.jpg

21-1229501229.jpg

ご覧の通り、見事に丸見えです(笑)

浴槽の中で立ち上がるだけで、湖畔のベンチや観光船、糠平方面へ抜ける道からバッチリ見えますw
浴槽の縁にでも立とうものならば、己の全てを公衆にさらけ出せるでしょうww




その後はクソ暑い音更まで降りて、
インデアンでカレーを食べ、
あちこちでソフトやらスイーツやらを食べました(写真は省略)。


どうせなので「清水円山展望台」にも寄り道。
03-1622.jpg



22-94601620.jpg


札幌はあまり気温が上がらなかったようですが、十勝は暑い日でした・・・。
夏山登山をして嫌いな暑さを克服してやろうかと思いましたが、やっぱり無理ですねw

とにかく暑いのは嫌いです。
毎日10回くらい「早く秋になればいいのに」と思いながら日々を過ごしています。
1年は1,2,3,4,4,6,9,10,10,10,11,12の12ヶ月でいいと思います。5月は花粉。
これはもう自分の感覚が正当だとか言いたい訳ではなく、人種の違い的なものですね。
エンジンオイルで言うと私は0W-20くらいなんでしょう(硬さは考えないものとしますw)
まだ道民で良かったのかもしれませんが、もっと北の民族で良かったのかもしれません。
低温・低湿の環境へ逃亡したい・・・。


まぁそんな話はどうでもいいとして。

今の車(セレナ)に買い替えてから何年経ったか覚えていませんが、
やっぱり黒い車は車内が暑い感じがしますね〜。

そしてなにより運転が楽しくない(^^;
箱型の車はとにかく退屈ですよね。
ひたすら睡魔との戦いでした。

レガシィやロードスターに乗っていた頃は
車の運転もさほど苦ではなかったのですが・・・。



しかし、登山となるとやはりバイクより車での移動が楽ですね〜。

バイクに登山道具を積んで日帰りで行くのが億劫なお年頃になってきたようですw





関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

体力の限界と言って引退した千代の富士と何も変わらんですよ(笑)
ワンボックスカーなら車中泊も楽々。この楽さを体験すると乗用車では寝られない。
バイクで日帰り登山も同じです。齢と共に衰えていくのです。
そのうちにホテル風水で宿泊して、クッションの良いベッドに寝る事になると思います。

ただ、ワイルドさを求めれば、出来る範囲で不自由さも愉しくなるのかな~っと。
ガラスと鉄の箱の中では味わえない、外の空気と一体になるのは素晴らしい!

Re: No title

>いちさん
少しずつですが、確実に色々と億劫になってきました(笑)
今年はバイクで走り出すにも早朝の天気がイマイチならやめてしまいますし、何より起きられません(^^;
登山に関しては、車の方が持ち物を雑に持っていけるので楽ですが、移動自体はタイガーの方が快適なので一長一短です。
毎回宿泊でのんびり出かけられればいいのですが、そうもいかず・・・(^^;

それでも久しぶりに登る夏山はなかなか良いものでした。
今シーズンは雪のない時期にあと何回か山にも登ろうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
バイク・登山・写真など、趣味全般のブログです。

【現在所有しているバイク】
 ・トライアンフ タイガー800
 ・ホンダ ワルキューレ
 ・ヤマハ セロー250
 ・ヤマハ NMAX
 ・ホンダ クロスカブ
北海道札幌市より、道内全域を走り回っています。
積雪期もスパイクタイヤを履いて走ります。

一眼レフで写真を撮るのが好きです。
被写体は主に”バイク”と”季節のお花”です。
カメラはNikon D610とSONY α6000を使用。

暑いのが苦手なので、登山はほぼ冬季です。

2019年3月〜 Yahoo!ブログより移転しました。
Yahoo時代の一部記事は移行がうまくいっておらず、表示が崩れていたり内容が表示されない場合があります。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ