NMAX ライトステー装着

NMAXに、補助ライト装着用のステーを装着しました。
昨年末くらいの作業でしたが今更記事にします。


既にLEDドライビングランプが仮設されていますが、ステーはこんなやつです。
11-PC180013.jpg


NMAXのヘッドライトはLEDで、バルブ交換はできないタイプです。
ポジションランプは明るいLEDに交換しましたが、それでも夜は暗いんですよね〜(^^;

既に2年半くらい通勤で使用していますが、ずっとライト増設を考えつつ実行せずにいました。


というのも、NMAXに外付けのフォグやドライビングランプを増設する場合、
フロントフォークにフェンダーを固定しているねじ穴にステーを装着し、
その先にライトを取り付ける方法が一般的なのです。

そうすると補助ライトはかなり低い位置になるし、ハンドルを切るとライトも一緒に動いてしまいます。
また、ハンドルを完全に切るとライトがフェアリング内側に干渉する可能性もあります。
見た目にもなーんか位置が低過ぎてイマイチ格好悪いのです。

そんな訳で敬遠していたのですが、昨年の秋頃に良さげなステーを発見したので購入してみました。
01-PC140008.jpg

例によってアリさん急行で25ドルくらいで購入しました。
いつも通りの雑な梱包で、ステーの端が飛び出した状態でチャイナからやってきましたよw


作りも雑ですね〜。アルミの鋳物なのでしょうが、なんか亀裂が・・・。
02-PC180001.jpg

まぁ安いし文句はありません。想定内です。



とりあえず当てがってみます。
03-PC180002.jpg


ヘッドライトユニットの下あたり、このビスと・・・。
04-PC180003.jpg


サイドはプッシュリベットを外して取り付けるらしい。
05-PC180004.jpg


4点支持で車体に固定となります。
左がステーに付属のトラスタッピング、右が純正のトラスネジとプッシュリベット。
06-PC180007.jpg


1カ所ずつ付属のタッピングで仮固定していくと・・・。
最後の1箇所の穴位置が、どうやっても合いませんw
07-PC180008.jpg

まー、そんなもんでしょうw

ステーを車体から取り外し、石頭ハンマーでガンガン叩き、ひん曲げて穴位置の調整をしました。
取り付けた際にステーが水平・左右対象になるように曲げるのが少々大変でした。
あまり頭を使わず、ひたすらに叩いて調整しましたw


ちょっとセンターがズレていますが、まぁこんなもんでしょう。
08-PC180010.jpg


サイド側の固定位置。
09-PC180011.jpg


ライト下の固定位置。
10-PC180012.jpg



晩秋にここまで作業して、NMAXは冬眠させました。

んで、春先にステーのみ装着した状態でしばらく走行しましたが、
特にステーがグラついたり外れたりといった様子もなく、しっかり固定されていることを確認。



ということで、フォグランプ(ドライビングランプ?)装着に続きます。
12-PC180015.jpg



   


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
バイク・登山・写真など、趣味全般のブログです。

【現在所有しているバイク】
 ・トライアンフ タイガー800
 ・ホンダ ワルキューレ
 ・ヤマハ セロー250
 ・ヤマハ NMAX
 ・ホンダ クロスカブ
北海道札幌市より、道内全域を走り回っています。
積雪期もスパイクタイヤを履いて走ります。

一眼レフで写真を撮るのが好きです。
被写体は主に”バイク”と”季節のお花”です。
カメラはNikon D610とSONY α6000を使用。

暑いのが苦手なので、登山はほぼ冬季です。

2019年3月〜 Yahoo!ブログより移転しました。
Yahoo時代の一部記事は移行がうまくいっておらず、表示が崩れていたり内容が表示されない場合があります。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ