藻岩山でご来光 2021.2.25

2021年2月25日(木)


前日の夕暮れが綺麗で、マジックアワーの空を眺めたくなった。

夜中も星が綺麗に見えており、朝方も晴れの予報だったでご来光登山をすることにした。


当初は支笏湖の山に向かおうと思っていたが、寝坊。

正確には徹夜したまま朝3時に自宅を出発する予定だったが、少し寝落ちしてしまった。


ということで、日の出時刻に山頂に間に合う藻岩山に目的地を変更。

最近はスキー場から登る事が多かったので、久々に慈啓会病院コースへと向かった。



駐車場を5:15にスタート。

ヘッドライトを点けて歩くのは久々だ。


こんな時刻でも、登山道にはそこそこの人の往来があった。

気温マイナス8℃、風は強く、想定外の寒さにジャケットのフードを被って歩いた。



馬の背分岐まで登ると、春を待つ木々の向こうに夜景が見られた。
01-DSC_3557.jpg


薄明の空は次第に鮮やかになってきた。
02-DSC_3558.jpg


奥の院の脇から山頂に上がると、空の美しいグラデーションにテンションが上がる。
03-DSC_3559.jpg



6:00、山頂に到着。この空が見たかった。
04-DSC_3561.jpg


夜明け直前の札幌市街。
05-DSC_3567.jpg


この朝の日の出時刻は6:17だった。

山頂には私の他に3名のカメラマンが待機していた。

風が強く寒いので、皆建物を風除けにして日の出を待っていた。



テレビ塔が日の出時刻を1分過ぎた事を教えてくれたが・・・。
06-DSC_3589.jpg


地平線には日本海から伸びる帯状の雪雲が流れ込んでおり、太陽が遮られていた。
07-DSC_3592.jpg


待つ事さらに数分、雲の上からご来光。
08-DSC_3600.jpg


09-DSC_3605.jpg



支笏湖方面の山は若干雪雲に包まれているようだ。藻岩山で正解だったかもしれない。
10-DSC_3620.jpg



日本海から札幌のやや北側を通って、江別・岩見沢方面へと厚い雪雲が流れているのが見て取れる。
01-DSC_3615-Pano.jpg

※クリックで拡大できます



少しずつ日が高くなっていく。
11-DSC_3623.jpg


12-DSC_3624.jpg



どうやら2月から全館休業していたようだ。
それでも登山者用休憩室だけは開けてくれていたので、少し利用させてもらった。
13-DSC_3634.jpg



休憩後にもう一度展望台に上がると、街にはもう朝が訪れていた。
14-DSC_3637.jpg




歩行距離:5.8km




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

登頂記念なんだろうけど、南京錠を掛けると言うのは違和感が有るな~。
コレ、日本人の習慣じゃ無いでしょう。どうも中国の匂いがして気分悪し。

それに比べて、朝日が上がって来るのは感動的!素晴らしいグラデーションですね~!
登った甲斐がありますね~!

Re: No title

>いちさん
この南京錠ですが、どうも中腹駅の売店や展望台の自販機で販売しているようです。
藻岩山展望台は「恋人の聖地」だったかに登録されているようで(確か厚田の展望台にもそんな看板がありました)、
この「愛の南京錠」を手すりに掛けると絶対に別れないという願掛け?があるようです。
とか言って、みんな南京錠にキーも一緒に付けている時点で簡単に別れちゃいそうですが・・・(笑)
どのみち定期的に展望台スタッフが強制開錠して・・・(^^;

快晴の日の出前や日没後のグラデーションの空は、見る度に感動しますよね!
ツーリング先でこういった空を眺められる季節もまもなくです。雪解けが待ち遠しいですね〜!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ