スノーシュー(ライトニングアッセント)の修理

2015年から冬山登山に愛用してきたスノーシュー、MSR・ライトニングアッセント
昨年4月の登山中、左足のアイゼン付け根部分が金属疲労で破断し、使用不能となりました。

2015年に正規品を新品購入し、2020年に壊れるまで、5シーズン使い続けてきました。
恐らく歩行距離にして軽く数百kmは使ったのではないかと思います。


破断したアイゼンですが、2019〜20シーズン開始頃に亀裂が入っていることに気付きました。
すぐに直せばいいものを、毎回亀裂の状態を確認しながら騙し騙し使っていました。

そして、南岳から余市岳へ向かう急登で限界を迎え、満を次して(?)ついに破断。
01-DSC_1192.jpg


そのまま片足だけ、南岳を見下ろす丘の上に放り投げてきました。
02-DSC_1194.jpg


というのは冗談ですが、それっきり半年以上ガレージで放置されていました。
12月に入り、そろそろ冬山シーズンに間に合わないのではないか?と、慌てて修理に出しました。


修理の受付先は「株式会社モチヅキ」という、
MSRやサーマレスト、プラティパスなどのアウトドアブランドの正規輸入代理店です。


修理の依頼方法はモチヅキのサイトに詳細に書かれていますのでそちらをご覧ください。

ざっくり書くと、電話かメールで詳細を伝えてから、修理依頼票を記載、同封して発送する感じです。
修理代金は、修理が完了した物が送り返されてきた際に代引きで支払う方法でした。

出来ることなら、修理依頼票はデータに打ち込めると楽なのと、修理代金は振り込み可能なら嬉しいですね〜。



んで、発送してから1週間ちょっとで戻ってきました。仕事が早いですね〜!
01-P1180013.jpg


装着時に折り返して余ったベルトを留めるパーツは、左右ともに全て新品になってきました。
02-P1180014.jpg


破損したバインディングもそのまま返してくれました。
このスノーシューのベルトは補修部品として購入すると高額なので、予備用に回せますね!
03-P1180015.jpg


このシューは既に旧型らしく、修理した側(写真左)は現行品と同形状のアイゼンになりました。
04-P1180016.jpg


こちらが修理の明細。
05-P1180017.jpg

ユーザー登録された正規品だと修理代金が35%オフとなるようです。
諸々合わせて約1万円掛かりました。結構しますね。

まぁ定価4万を超える高級スノーシュー ですから、修理で延命する価値はあるでしょう。

割引の効かない並行輸入品だと、修理内容によっては新品を買い直した方が良いのかもしれませんね(^^;



ちなみに、今回修理に出すまでユーザー登録はしていませんでしたが、
電話で問い合わせ時に確認すると、購入時期と購入した店舗名を確認されました。
その上で、購入時の「保証書」「正規取扱店発行の領収証」を同封すれば問題ないとの事でした。

ちゃんと保存しておいてよかった・・・(^^;




とまぁ、これで今シーズンも冬山に行けます。

しかし必ず使う物だし、予備にもう1つ持っていてもいいのかもしれませんね〜。


 



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ