狭薄山でお寿司 2020.4.3

2020年4月3日(金)

天気:晴れ
単独・全行程スノーシュー

30DSC_1103.jpg



未踏の狭薄山(さうすやま)に登ってきました。
積雪期にしか登れない、どちらかと言うとマイナーな山の印象です。



朝5時過ぎに起床、多分6時前に家を出発しました。
登山口となる、中山峠の札幌側、望岳橋のパーキングに6時半頃に到着。

平日だし誰もいないだろうと思っていたが、先客1組2名が登山の準備をしていました。
目的は同じ狭薄山で、同じく初めて歩くとのことでした。


パーキングから目的の山を望む。
左が札幌岳、右が目的の狭薄山です。真ん中はただのポコ。
01DSC_1021.jpg


準備をしているうちに先着の2名がスタートしていきました。
アイゼンで歩くようでした。

もう雪も締まってきてツボ足で大丈夫な季節なのですが、私はスノーシューで行きます。

午後から気温が上がる予報だったので、雪が緩んでズボるのを避ける為と、
なにより登り斜面でスノーシューのヒールリフターが楽だからです。


スタート地点から振り返る。
02DSC_1022.jpg


さて、このルート。
スタートからいきなり谷底へと下ります。

その標高差、実に230m。

考えただけで帰りの登り返しが地獄ですよね(^^;
そんなこともあって敬遠していた山なのです。



それなりに急な斜面を、帰りの事を心配しながらグイグイと下りていきます。
こんなに下るのかってくらい下ります。

下っていくと、一度林道に出ます。
そこからさらに下るとまた林道が現れ、川を渡る橋が見えてきます。

下り切った辺りで先行者に追いつきました。
03DSC_1024.jpg


ここからはしばらく林道歩きです。

豊平峡ダムの上流となる川を跨ぐ橋を渡ります。
04DSC_1025.jpg


先行の方は「遅いからいつでも抜かしてください」と仰っていたのですが・・・。

林道歩き中は全く追いつけませんでした(^^;

付かず離れず100mくらい後ろについて歩いていたのですが、
途中、U字になっている林道をショートカットする箇所で先行者の前に出る形になって追い抜きました。


2つ目の橋を渡る。
渡ってすぐの場所を左に入ります。
05DSC_1032.jpg

そこからは林の中を、尾根筋に向かってひたすら直登していきます。
林道を何回も跨ぎます。

たくさんのトレースが入り乱れているので参考にせず、好きなように歩きます。
06DSC_1034.jpg

林道から離れた辺りから、抜かした方の姿が後方に見えなくなりました。
どこかで休憩でもされたのでしょうか。


バカなので、こんな急斜面もとにかく直登します。
07DSC_1035.jpg


迷いそうな森の中を一直線に登り、やがて広尾根に乗りました。
08DSC_1037.jpg

もう後続の方は気配すら無くなったので、予備スマホで音楽を鳴らして歩きます。
熊除けにもなるかも?(笑)


時折、両側の木々の隙間に隣の山の姿が見えてきます。
09DSC_1041.jpg

中山峠側も木々の向こうに見えてきます。
この辺りでやっと望岳橋パーキングと同じくらいの高さのようで、絶望します(笑)


広尾根区間を登っていくと、標高900m手前辺りから平坦な地形になります。
ノントレースだとしっかりコンパスを切らないと迷いそうな地形でした。


だだっ広いエリアを抜けると、ついに正面に目指す狭薄山の姿が見えてきます。
10DSC_1042.jpg


そこから先は一転して、良い感じの尾根道に変わります。
素敵な細尾根を目の当たりにすると、俄然やる気が出てきます。
12DSC_1045.jpg

一部雪庇の上も歩くことになりますが、しっかりしていて崩れる気配はありませんでした。

この区間に入ると前後左右に展望が開けて、とても気分良く歩けます。

目的の狭薄山はもう目の前(写真奥)。
13DSC_1048.jpg


細尾根区間を抜けると、緩やかな登りになります。
14DSC_1051.jpg


最後のひと登り。ついに・・。
15DSC_1058.jpg





狭薄山、到着です。
16DSC_1060.jpg

狭薄山の山頂は、その名称とは裏腹に広く平坦な感じで、想像と違いました。


遠望は霞がかっていましたが快晴ほぼ無風と、天候に恵まれました。
山頂に誰もいないうちに、周囲の景色を一通り撮影します。


まずは登ってきた西側の展望。
尻別岳と羊蹄山、無意根連山が見えます。
17DSC_1061.jpg


霞んでいるが、羊蹄山。
26DSC_1093.jpg


同じく尻別岳。手前右に見えるアンテナは蓬莱山(中山峠スキー場の山頂)ですね。
27DSC_1094.jpg


左から喜茂別岳・並河岳・中岳・無意根山です。
25DSC_1087.jpg


望岳橋パーキングと下ってきた斜面をズーム。
セレナは黒くて分かりやすい。朝より車が増えていますね。
24DSC_1085.jpg

スタートとゴール地点が互いに目視できる山って、珍しいですよね。
これから帰る先が見えてしまうと、その離れ具合に萎えます(´д`)





北西方向には札幌市最高峰の余市岳。
23DSC_1081.jpg


そして定山渓天狗岳と後方は白井岳ですね。
22DSC_1079.jpg





北側には札幌岳。
18DSC_1064.jpg


札幌岳の肩の辺りをズームすると、後方に烏帽子や百松沢、手稲山なんかが見えます。
21DSC_1076.jpg





北西方向には札幌市街が見えます。
33DSC_1113.jpg





東側の展望をパノラマで。
右奥が空沼岳です。札幌岳〜空沼岳の稜線へ続く道は歩きやすそう。
35DSC_1123-Pano.jpg




東側の展望。
32DSC_1109.jpg


おなじみの漁岳(右から2つ目の最も奥のピーク)。
19DSC_1067.jpg


恵庭岳。
20DSC_1069.jpg


前回登った白老三山の姿も見られました。左から北白老岳・白老岳・南白老岳。
34DSC_1118.jpg

ホロホロ三山も見られましたが、かなり霞んでいました。

また、南西方向にはニセコの山々も薄っすらと見えていました。

狭薄山、霞んでいない日だと360度絶景の最高の山ですね!




一眼をザックに乗せて記念撮影。
28DSC_1095.jpg



そして・・・この日のメーンイベント。

山頂でお寿司です\(^o^)/
29DSC_1102.jpg

今回は大好きな回転寿司トリトンのお持ち帰り寿司を持って来ました!

前日の仕事帰り、自宅近くのトリトンに寄り道。
腹一杯食べたい気持ちを抑え、たった4皿分のお持ち帰り。
630円ならスーパーの寿司詰め合わせを定価で買うのと変わりませんよね。

山頂で食べるトリトンの寿司は最高に美味しかったです\(^o^)/


そろそろ山にお寿司を持って来るには鮮度的に厳しい気温になってきました。
今シーズンは今回がラストかな?


そして前回同様、団子も忘れません。
31DSC_1108.jpg



団子を食べている頃、2人組パーティが山頂へ到着。
途中で抜かしてきた方達ではありませんでした。

それからややしばらくして、抜かして来た2人組も到着。

平日でしたがそれなりに賑わう山頂となりました。

しばらくあれこれとお話しさせて頂きました。




さて、景色も良いし名残惜しいですが、私は一足先に下山します。

下山を開始してすぐ、単独の方ともすれ違いました。
結局この日は、4組6名の入山でした。


細尾根区間から狭薄山を振り返る。
36DSC_1132.jpg


ここから先は、森の中を淡々と往路の通りに戻ります。

自分のスノーシューのトレースが不明瞭で、途中少し往路のルートを外れたりしました。


そして、林道を離れた2つ目の橋地点へ戻ってきました。
37DSC_1135.jpg


ここからは林道歩き。
平坦で楽と言えば楽ですが、退屈でもあります。

考え事をしながらぼんやりと歩き続けます。


そして、最初の橋が見えて来ました。
この橋の突き当たりから駐車場まで230mの登り返し・・モエレ山4個半です(´д`)
39DSC_1141.jpg


登り返し地点で少し休憩しました。

残りの団子を食べ、炭酸飲料で気合を入れます。
確実に暑くなるので、半袖Tシャツ1枚になります。
そして、音楽用スマホでテンションの上がる懐メロを再生。


いざ!

と気合を入れたものの、ダラダラとゆっくり登っていきます(^^;

やっぱり最後に登りっていうのは辛いですね・・。



駐車場には12時頃到着。
40DSC_1145.jpg


登ってきた狭薄山をズームで1枚。もう山頂には誰もいないようだ。
41DSC_1146.jpg



往復で約14km、登り返しや林道歩きのある山ですが、
それを差し引いても素敵な山でした。


寿司のことしか考えておらず、計画時には思いも付きませんでしたが、
車にバイクを積んで空沼岳登山口側に置いてくればよかったと思いました。

帰路の登り返し230mを思えば、空沼岳まで縦走して向こうに下りる方が気持ち的に楽です。


次回登る際には、朝に空沼岳登山口にカブでも置いて来ましょう。

下山後にカブで望岳橋パーキングまで戻って来るのが億劫ではありますが・・(笑)






帰りは小金湯温泉のまつの湯に寄り道。

翌日の疲労軽減のため、温冷交互浴。
じーさんしかいなかったので、露天の湯船の外で全裸でストレッチしたりしました(笑)



帰路、スーパーに寄り道してお買い物。

自宅で2度目の昼食を食べてしまいました(^^;
解凍ものじゃなくて生ですよ!やっぱり生に限ります。
01DSC_1148.jpg


その後は庭の冬囲いを外したり、ガレージの整理や掃除をしたり。
子供らが帰って来る前に夕食の準備をしてと、実に充実した1日でした。






6:48 パーキング 発
9:23 山頂 着
10:00 山頂 発
12:05 パーキング 着

登り 2:35  下り 2:05 休憩 0:37
合計 5:17

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ