NMAX リアキャリア&GIVI箱取り付け

しつこくNMAXのカスタム備忘録です。


購入した車体には、メーカー不明のリアキャリアが付いていました。
01P9150003.jpg


しかーし。

なんか車体にマッチしていないというか、浮いている感が気に入らなかったのです。
05P9220091.jpg 04P9220090.jpg

キャリアにGIVI箱を取り付けたいので、この浮いたキャリアに載せると格好悪いですよね〜。



ということで、キャリアを仕入れました〜。
07P9220095.jpg

ヤマハ純正オプションのNMAX専用品!

・・・ではなく。

それを模倣したと思われる中華品でございますw
キャリア後端の部分が少し違いますが、ほとんど同じです!


純正リアキャリアは16500円+税 ととてもお高いのですが、
この中華製パチモンキャリアは税込み5200円と、非常に安いのです\(^o^)/



例によって、中国から10日ほどかけて届きました。

・・破損してますけど(´Д` )
01P9220086.jpg

飛び出していた部分の塗装が欠けております。
写真に無いですが、両側の先端が同じようになっていました。
02P9220087.jpg

返品交換も面倒だし、中華製にそもそも品質を期待していないので、自家塗装しました。
03P9220089.jpg




並べて荷台の高さを比べてみる。
うん、良い感じですね〜。さすが純正模倣品(笑)
08P9220096.jpg



しかしこの純正風キャリア、なんだか重そうですよね。

ということで、重量を比較してみると・・。
09P9220097.jpg 10P9220098.jpg

意外なことに、重量はほとんど変わりませんでした!
付いていたものはスチール製、このパチモンは純正同様アルミ製っぽいです。

素晴らしいw



付いていたキャリアを固定しているボルト4本を外します。
シートを開けないと見えない箇所とは言え、結構お粗末な取り付け方ですよね・・。
06P9220094.jpg



そして、この純正風キャリアを車体に当てがってみると、キャリアとテールライトカバーが少し干渉します。
どうやら純正キャリア同様にテールライトカバーの加工が必要のようです。

そりゃ同じ形状だから当然ですよね。


カバーの接触する部分に、大まかにマスキングテープで目印を付けます。
11P9220099.jpg


んでカットする為にテールライトカバーを外して裏返してみると・・。

目印を付けた辺りにラインが入っているではないですか〜!
12P9220100.jpg


ということで、このラインの通りに細工ノコでカットします。
13P9220101.jpg


両側カットして、切断面を整えました。
14P9220102.jpg


はい、取り付きました〜。
良い感じですね〜、車体と一体感がありスマートです(´▽`)
15P9220103.jpg 16P9220104.jpg


んで、GIVIの汎用キャリアベースを装着します。
17P9220108.jpg

セロー用に購入して、カブにも使いまわしているE43NTLDをNMAXにも流用します。
箱ばっかり増えても邪魔なだけですからね〜。


ちなみに、このボックスだけキャリアベースがWIDE汎用ベースとなっており、他のGIVI箱と互換性がありません(^_^;)
ベース形状はほとんど一緒なんですけどね〜・・。


キャリアベースを装着してもスマートです。
18P9220112.jpg


んで、箱付けます〜。背後がゴチャゴチャしていてすみません(^_^;)
19P9220114.jpg


良い感じじゃないですか〜\(^o^)/
20P9220116.jpg

車体との一体感があると野暮ったい箱もそれなりに見えますね。

ただ、トラック等運転席の高い車にピッタリ付けられるとブレーキもウインカーも見えなさそうですが(^_^;)




これで通勤帰りに米を買っても持って帰って来られます。

フォーサイトはシート下に入ったんですけどね(^_^;)






01_DSC8555.jpg

NMAX、現代的な形状でいいですね〜。













関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ