セロー 海と猫と飛行機

2019年8月1日(木)


北海道も夏真っ盛り。
札幌は連日30℃超え、湿度も高く、夜でも気温がそれほど下がらない日が続いています。

暑いのが大の苦手な冬生まれの私はベロベロに溶けてしまいそうです(笑)




そんな真夏日の休日。

午前中の涼しい時間に家事をして、気付いたら扇風機の前で寝ていた・・。

昼過ぎに目を覚ますと、外は青空が広がっていた。
外に干していた洗濯物もあっという間に乾く暑さ。


外気温は33℃。
少し悩んだけれど・・走り出す。

14時、札幌の自宅を出発。
今日もセローで。

真夏日は、タイガーだとエンジンの熱がね・・(^_^;)




夏は比較的涼しい、太平洋側に向かうことに。
R36を淡々と南下します。
主要国道で交通量も多い道ですが、どういうわけか嫌いじゃない。


千歳の市街を過ぎ、新千歳空港の近く。
以前から気になっていたダートに入ってみる・・。

すると。

おおっ!
04_DSC7752.jpg

素敵な場所ですね〜!

少しの間、暑さを忘れて飛行機を撮影しました。


01_DSC7739.jpg



03_DSC7747.jpg



02_DSC7742.jpg



05_DSC7757.jpg


そのうち、超望遠レンズを持って訪れてみよう。






さて、先に進みます。
美々でR36から離れ、いつもの道道129・静川美沢線へ。


これまたいつもの、苫東展望台へ向かうダートの森に寄り道。
06_DSC7761.jpg

好きな場所なんですよね〜。
四季折々のこの場所の写真を撮り続けています。



今日は展望台には寄らず、海へ向かいます。




いつもの浜に来ました。
07_DSC7768.jpg


08_DSC7770.jpg


さすが夏とあって、浜辺には様々なレジャーを楽しむ人たちがいました。

デイキャンプ、釣り、パラグライダーみたいなやつ、ウェットスーツを着た人、車で寝ている人。

更には、防波堤の上にはなぜか昆布が干されているというカオスっぷり(笑)
10_DSC7784.jpg


そういう私も、また違った目的を持ってこの場所に通っています。


毎回、彼らの姿を楽しみに訪れているのです(´▽`)
09_DSC7778.jpg

頭隠してなんとやら、下半身が日に当たってアツアツになってますよ(笑)


全体的に若い子ばかりになった。
13_DSC7791.jpg


釣り人さんに貰った魚を食べる子猫。
12_DSC7790.jpg

以前から誰かが定期的に面倒を見ているようで、餌・水・住居とそれなりに手入れがなされています。

キミも若いね。
14_DSC7800.jpg

餌は貰えるとは言え、やはり野良の宿命。きっと長くて2、3年の命なのでしょう。
昨年に居た大御所達の姿は見られませんでした。

強く生きてね。


それにしても、世代が替わっても黒猫ばっかり。






さて、次に向かいます。

今年の2月にアドレスV125Gで訪れた、厚真川河口辺りの浜に向かいます。
参考記事:アドレス 海を目指して

向こうに見えるのは苫東火力発電所です。
15_DSC7803.jpg


厚真川と、後方に太平洋。
16_DSC7805.jpg


この辺りは砂が深いので、サイドスタンドはどこまでも沈みます。

たくさん転がっているホッキの貝殻をスタンド受けに使います(笑)
17_DSC7807.jpg


太平洋をバックに1枚。
18_DSC7808.jpg


危うく海水に浸かるところでした(^_^;)
19_DSC7812.jpg

2月に来た時には誰もおらず何も無かった広大な浜には、たくさんの車が停まっていました。

どうやらサーフィンスポットのようです。
googleマップを見ると「浜厚真海浜公園」と名前が付いていました。


まぁ広いので、そんなに人で溢れている感じもしないから良いか。


夏の日差しも、気温は札幌より5℃ほど低いので、暑いけれど過ごしやすい。
20_DSC7816.jpg


2月にこの場所を訪れてから、いつかセローで来て、浜をずっと走って行ってみたいと思っていました。

この日はそのチャンスでしたが・・。
時刻はすでに16時半。

18時過ぎには家族が帰ってくるので、それまでに夕飯を作らなくては。


空もスッキリ晴れたし、きっと綺麗な夕日が見られそうだけど・・今日はここまで。
また来よう。





最短距離、往路の通りに帰ります。

途中、道道の道端にセローを停めて1枚。
21_DSC7820.jpg






帰り際、自宅近くのスーパーで夕食の食材を購入。
リアバッグに入り切らなかったアイスはその場で食べました(笑)

18時に帰宅。
気温は31℃。

札幌は暑い・・。


ピッタリ寄せたら、もう1台は停められそう・・なんて(笑)
22_DSC7822.jpg



暑かったけれど、久々にカラッとした午後のお散歩でした。


スクリーンショット 2019-08-02 0_Fotor





<走行記録>

走行距離  :137km
給油量   :3.78L
ガソリン代 :510円(レギュラー@135円)

燃費 :36.2km/l



<服装備忘録>


フルメッシュJKT
エアリズムTシャツ


エドウィン 夏用ストレッチパンツ



<使用機材>

SONY α6000
SEL20F28
SEL55210




関連記事
スポンサーサイト



コメント

飛行機!

飛行機が見える素敵な場所に行ってみなくては(笑)

暑いですねー。
エアコンが欲しくなります。
といいつつ、山さわでラーメンを食べて汗まみれになりましたw
今度はバイクで行きます…はい。

平日

木曜日?平日休めるのはイイよね。何て言ったって人が少ない。混雑しない。

此処の海は太平洋らしい広さを実感します。
波打ち際まで入り込めるのはオフ車の特権みたいだね(笑)

どんどんバイク増える!あと1台はいけそうかな(笑)
この暑いのも、まもなく終了でしょう。今日はその兆候が、見られます。

No title

そこの砂浜は冬季に有料モトクロス場になったり、6月にはサンドカーニバルという直線レースが開催されているようですね。
千里浜のような締まった砂質なのかな…

No title

何処へでも、迷わず入って楽しめるセロ-の機動力は、やっぱり魅力的に感じます!
気になる道が多々あっても、私のバイクでは踏み込めず、躊躇すること多数なので(^^;
波打ち際の砂浜を思う存分走ってみたい・・私ではムリですが(笑)
超望遠で狙う飛行機も楽しみですね!
どんなふうに切り取るんだろう。中望遠しか持っていないので、なんだかとてもワクワクして楽しみです(^^)

Re: 飛行機!

>アマイモノさん
この場所、国道沿いのよくパトカーが待ち伏せしている辺りの向かいに入り口があります。
普通に入口が開いていましたが、誰かの所有地なのかもしれません(^_^;)

暑いし湿っぽいし辛いですよね〜(^_^;)
うちもリフォームの時にエアコンをつければ良かったです、もう今更そんなお金は捻出できませんので耐えるしかないです・・(笑)
早速山さわさんに行ってくれたのですね〜!
暑いけれどラーメンばっかり食べたくなります(´▽`)

Re: 平日

>いちさん
平日休みは一人でフラッと走るには都合が良いですね〜!
今時期は夏休みなので平日でも混み合いますが(^_^;)

浜厚真の海は広くて平坦な砂浜が広がっていて独特ですね、確かに太平洋のイメージにピッタリです。
最近は林道には行かなくなりましたが、定期的に浜に入りたいのでオフ車は手放せません〜。
バイクはせっかく複数台ならもう少し車種に幅を持たせたいところです。どうも似たような車種ばかり・・(^_^;)

朝晩は涼しさを感じる日も出てきましたね、盆明けまであと1週間の辛抱でしょうか(´▽`)

Re: No title

>Tetsuyaさん
浜厚真オフロードパークというのが浜の入り口にありました〜!
夏場は基本的にATVのコースのようですね。私の技術じゃセローで突入しても走るシケインになりそうです(笑)
浜でサンドカーニバルというものも開催されるのですね〜!
少し走った感じだと確かに締まった砂浜でした。普通車も結構波打ち際まで入り込んでいましたよ〜。
また散歩しに行ってきます!

Re: No title

>selenさん
軽くて取り回しのいいセローはどこにでも入って行けて、気になる脇道を探検するのにはもってこいです!
日頃から他のバイクや車で走っている際に気になる道を見つけたら、いつかセローで来ようと覚えておくようにしています。
たまにタイガーや原付でも突入してしまいますが・・(笑)
selenさんの相棒は前傾姿勢のキツいスポーツタイプですし、明確に使い分けできるオフ車を増車もアリではないでしょうか(´▽`)

あの場所から600mmで飛行機を狙うと、客室やコクピットの窓まで届くのかな〜と思っています。
超望遠で切り取る非日常的な風景はなんだか面白いですよね!
バイクで運ぶのが大変ですが(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ