早朝 尻別岳登山 2019.6.10

2019年6月10日
天気 晴れ
単独

4:45 駐車場 発
6:09 山頂 着
6:44 山頂 発
7:40 駐車場 着

登り 1:24
下り 0:56

歩行距離 6.3km

スクリーンショット 2019-06-24 0_Fotor



これまた随分と前のお話です(^_^;)

仕事明けで一睡もせず、早朝というか夜中のうちに自宅を出発。
尻別岳に登ってきました。

よく羊蹄山と並んで夫婦富士とか双子富士とか言われる山ですね。
大きい方の羊蹄山が女で、尻別岳が男です。


ツーリングのお話は別記事にて書きます。
01DSC_8960.jpg

隣の橇負山(そりおいやま)にてご来光を拝もうと思っていましたが、ガスの中。

諦めて登山口に向かうとお日様が出てきました。
02DSC_8975.jpg


ササっと準備してスタートします。
朝日が眩しい。
03DSC_8976.jpg


歩き始めてすぐ、ルスツスキー場のリフト降り場に着きます。
ベンチも付いたままでメンテされていなさそうな感じです。使っていないのかな?
04DSC_8977.jpg


道端には300mごとに距離を示す看板が設置されています。
05DSC_8978.jpg


開けた場所に出ました。ルスツリゾートを眼下に見下ろせます。
06DSC_8980.jpg


橇負山と尻別岳を繋ぐ尾根道を淡々と進みます。
07DSC_8986.jpg


朝日に照らされるエゾカンゾウ。
08DSC_8990.jpg


大好きな花です。もうこんな時期なんですね〜。
09DSC_8993.jpg


低山なのですが、日差しとガスの加減のせいか高度感のある素敵な雰囲気の道です。
10DSC_8996.jpg


11DSC_8997.jpg


12DSC_9000.jpg


やがて眼前に尻別岳が見えてきます。迫力あります。
13DSC_9003.jpg


う〜ん、急登ですね(^_^;)
15DSC_9006.jpg


しつこいですが、本当に良い雰囲気の登山道です。
14DSC_9005.jpg


振り返ると、歩いてきた道が流れてきたガスに包まれました。
17DSC_9012.jpg


急登の途中、羊蹄山の姿が見えました。
16DSC_9007.jpg


急登の途中で行く先を見上げて1枚。疲れますが景色が良くて気が紛れます。
18DSC_9014.jpg


もう少し・・。
早朝の登山道は尻別岳の影になるので日差しが当たらず、暑くないのが救いです。
19DSC_9015.jpg


振り返ると森の中に、橇負山に向かう林道が見えました。
20DSC_9016.jpg


洞爺湖も見えてきました。
21DSC_9021.jpg


急登区間を登り切った辺りで振り返る。
22DSC_9022.jpg


向かう先、山頂は目前。朝日が最高に気持ち良かった。
23DSC_9024.jpg


朝露に濡れるフウロ。
24DSC_9026.jpg


写真ばかり撮っていて進めません。
25DSC_9028.jpg


羊蹄山には少し変わった雲がかかっていました。
26DSC_9032.jpg


そして、山頂へ到着。
実に17~8年ぶりの山頂です(笑)
27DSC_9043.jpg


喜茂別〜札幌方面は以前ガスの中。無意根連山の頭だけが見えていますね。
28DSC_9049.jpg


道中、たくさんの種類の花が咲いていましたが、シラネアオイは山頂に2輪だけでした。
29DSC_9050.jpg


山頂は広いですが、腰を掛けるものはほとんどありません。
30DSC_9051.jpg


京極の市街地方面をズーム。手前の川沿いの道は良く走る国道ですね。
31DSC_9053.jpg


はるか昔に来た際は喜茂別ルートでしたが・・今はアクセス林道もろとも廃道らしい。
国土地理院の地形図からルート丸ごと消えました。
トレランの大会で使うと聞いたことはありますが・・現状どうなっているのでしょうね?
32DSC_9055.jpg


山頂で食べるおにぎりは美味しいですよね〜\(^o^)/
33DSC_9057.jpg


静かな山頂にしばらく滞在していました。
34DSC_9061.jpg



満足したので下山します。

山頂直下の景色の良い場所にて、パノラマ撮影。
01DSC_9070-Pano.jpg


早朝に滞在していた橇負山をズーム。
35DSC_9079.jpg


ルスツの遊園地をズーム。
最後に利用したのは・・10年じゃ利かないな(^_^;)
36DSC_9081.jpg


これまたフウロ。
38DSC_9085.jpg


やっぱり高度感ありますよね〜。
37DSC_9084.jpg


途中、いつもセローで訪れる軍人山の全景が見えました。
こちらから見るとこんなにコンパクトな山なんですね〜。
39DSC_9091.jpg


前方の登山道、私が歩くのに合わせて遠ざかる方向に進む何かを発見。
最大ズームにて撮影してみましたが・・狸でもない。なんだチミは。
40DSC_9096.jpg


帰ってきました。
41DSC_9097.jpg


登山届ボックスにはこんなプリントの束が入っていました。
1枚貰ってきましたが、まだ応募していない・・(^_^;)
42DSC_9098.jpg


下山後は再びセローで橇負山山頂に向かいました。
ロープウェイ山頂駅のトイレで顔やら何やら色々と洗ってリフレッシュしました(笑)


暑い時期の低山は早朝に限りますね。
汗だくには変わりありませんが、比較的爽やかに歩くことができました。



以上、ただただ写真を貼った消化記事でした(^_^;)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

カワイイですね

後ろ脚が長そうなので、冬真っ白になるヤヤマイタチですかね?
ガングロでカワイイ!
凶暴らしいけど…(^_^;)

帰りにはやはりアスパラを購入したのかな。
今季は未だ寄っていないので、買いに行きたいです。

顔が

えらい黒い動物ですね。
誰なんでしょうか。。。

新緑

いつも見上げている山の上から見るとこんな風に見えるのですね!周りに大きな山が無いから見渡しイイですね~。元々は火山なんでしょうけど、爆裂火口も無い。おそらく昭和新山と同じタイプでしょうか。
エゾカンゾウは綺麗ですね。裏大雪の銀泉台を思い出しました。群生地が登頂途中に見えると山小屋で聞きました。でもルマンじゃ行けない。オフ車か車でないとダートが長いので無理。

Re: カワイイですね

> Tetsuyaさん
これはイタチなのですか〜!
初めて見る顔でした。なんか可愛い顔していますよね〜(´▽`)

ご察しの通り、時間調整して道の駅オープンと同時にアスパラをまとめ買いしました(笑)
この日(6月10日)の時点で、ルスツのアスパラはそろそろ終わりっぽい商品量でしたよ〜(^_^;)
今でもまだ売っているといいのですが・・。

Re: 顔が

> かめのさん
独特の顔つきですよね〜!
ズームした写真を更に引き伸ばしたので、ちょっと不鮮明でよくわかりませんよね(^_^;)
そういえば、イタチってちゃんと見たことがありません。

Re: 新緑

> いちさん
最近は見上げるばかりだったので、久々に登ってみたくなりました。
18の時に登った風景はさほど覚えていないので新鮮でした(´▽`)
羊蹄山から尻別岳を見下ろすと非常にコンパクトに見えて、更に不思議な気分になりますよ!
エゾカンゾウは道内のあちこちに群生地がありますよね〜。
今まであちこち見てきた中で、利尻島の群落は本当に綺麗でした。
銀泉台のダートは交通量が多くてタイガーでも登りたくないですね〜(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ