大雪山 愛山渓から比布岳まで 登山 2016.7.24

2016年7月24日(日)
晴れのちガスの中
単独

  7:50 愛山渓温泉 発
  8:06 三十三曲分岐
  8:23 昇天ノ滝
  8:32 村雨ノ滝
10:24 永山岳 着
10:40 永山岳 発
10:59 安足間分岐
11:13 比布岳 着
11:45 比布岳 発
11:59 安足間岳
12:57 当麻乗越
13:38 六ノ沼
13:59 沼ノ平分岐
14:46 愛山渓温泉 着





暑くてなかなか登山する気になりませんが、重い腰を上げて大雪へ行ってきました。


この日もやっぱり寝坊(というよりも、居間でうたた寝していたら朝になってしまった)して、札幌を出発したのは予定を大幅に遅れて5:00。

仕方なく、三笠ICから愛山上川ICまで高速を利用。
登山口へと向かう狭いワインディングを楽しみ、愛山渓温泉に7:20着。


何の気なしにスマホを見ると、なんと私の目撃情報が寄せられていました。
時間的に、高速道路上で抜かしてきたみたいです(^_^;)

それほど多くないバイクだし、目立つのかもしれませんね(笑)



とっても虫が多い駐車場でモタモタと準備をして、出発。

イズミノ沢のせせらぎを聞きながら、木漏れ日の射す森の中を歩きます。
足元はそれなりにドロドロです。
スタートからしばらくは平坦な道で、ウォーミングアップに丁度良い感じ(´▽`)

歩き始めて30分程度で、昇天ノ滝が見えてきました。


日差しが当たるととにかく暑く、もうバテてきます(^_^;)

暑い暑いと独り言を言いながら歩くと、10分程度で村雨ノ滝が見えました。



村雨ノ滝を過ぎて渡渉すると、登山道は沢を離れて永山岳方面へ登っていきます。

背の高い木は少なくなり、展望が開けてきます。
後方には沼の平が。



次第に高度を上げ、沼を見下ろすようになってきます。



潅木とハイマツ帯を抜けると、ちょっとした岩場になります。
この辺りからガスの中に突入です。
視界が無いのは残念ですが、暑さでバテていたので助かりました(^_^;)



たまにガスの切れ間から当麻の稜線が見えたりしました。



この辺りから、登山道の周りにはたくさんのお花が見られるようになってきます。

エゾカンゾウ的なお花もありました。大雪にも生えるんですね~。



そして、いつの間にか無数のチングルマが\(^o^)/



辺り一面チングルマ畑でした。大当たりです\(^o^)/



この白いの全部チングルマです\(^o^)/


それはそれは素晴らしい光景でした(´▽`)

チングルマが大好物の私は発狂寸前です\(^o^)/
もう写真ばかり撮ってしまって先に進めなくなりました(笑)

チングルマアレルギーの人がいたならば一瞬で絶命するでしょうね~
これでもかと言うくらいに咲き乱れていました\(^o^)/



自然って素晴らしい\(^o^)/



エゾコザクラもついでに。



まさにお花畑ですね~(´▽`)



ずっとこのお花畑に居たいくらいでしたが、仕方ないので進みます(^_^;)
振り返って1枚。



永山岳への最後の登りとなる岩場にはコマクサも咲いていました。



そして、後半で大幅にタイムを遅らせたものの、無事に永山岳へ到着\(^o^)/
山頂はほぼ独占でした。


実は今回、熱中症対策のために麦わら帽子を導入しました(笑)

麦わら帽子に軍手、田舎くさい私が装備すると、まさに農作業スタイル。
なんかこう、スタイリッシュな感じは全くありませんね(^_^;)

その携帯性の悪さから登山にはあまり利用されませんが、涼しい帽子と言えばコレしか無いですよね(´▽`)
結局暑さでバテていましたが、きっと効果はあったはず(笑)



ここでしばらく休憩したのち、先へ進みます。
愛別岳方面は深いガスに覆われていました。



ふと当麻岳の方へ伸びる隣の尾根に目をやると・・・。

・・あれは。

ヒグマだ(´Д` )


標準レンズしか持っていなかったので、かなりクロップした画像です。
距離にして300m。当麻乗越へ向かう登山道のすぐ下にいます・・。

少ししてからもう一度見ると・・・。
あっ、ウ○コした(^_^;)



とりあえず、すぐにこちらに来ることは無い距離だったので先へ進みます。

ここですれ違った方が、あちらの稜線を歩いている際に50mの距離で出くわしたと言っていました(^_^;)

愛別岳方面はやっぱり見えず。



永山岳から安足間分岐まではすぐ近くです。



分岐点から南側の表大雪のパノラマを(´▽`)
雄大です。旭岳はガスの中で見えません(右端)。



比布岳方面へ向かいます。やっぱり愛別岳のある北側はガスの中。
この稜線の荒々しさ、好きです。



こりゃ景色も何も無いだろうな~(^_^;)
ということで、とりあえずパスして比布岳へ向かいます。



あっと言う間に到着\(^o^)/
こちらも珍しく空いており、4名ほどしかいませんでした。


標識の上にある雪玉は私の冷却用です。
帽子の中からサッと取り出したら、休憩していたおじさんに笑われました(笑)


山頂から北鎮岳方面。



比布岳の山頂もお花畑でした\(^o^)/



ちなみに記事トップの写真もここで撮影したものです。



しばらく撮影をして楽しんでから、この後のルートを検討しました。

調子が良ければこのまま北鎮~中岳~裾合平~当麻乗越~沼の平と考えていました。

しかし立ちくらみがするし、出発も遅かったのでそのルートを周回すると下山は17時過ぎになると思われるので、悩んだ末にやめました。

愛別岳は2年前に踏んでいるし、このままガスが抜けそうに無いのでパス。

北鎮までピストンしようかと思ったが、そちらもガスってきたのでパス。

ということで、帰ります(笑)

下山後にツーリングしながら帰ろう。うん(´▽`)


比布岳とお別れし、安足間分岐へと戻ります。



分岐に戻ると、永山岳への登りの途中で抜かしてきた登山者達が話していました。

なにやら先ほどのヒグマが永山岳側の尾根の雪渓に移動してきたようで、クマったクマったと言っていました(゚∀゚)

丁度タイミング悪く、辺りはガスに包まれてきました(^_^;)

しかし待っていてもどうにもならないので、当麻乗越方面へ向かいます。


安足間岳から乗越方面。
写真に写っている方は比布岳から一緒で、この後すぐに先行させてもらい、下山まで休憩の度に一緒になり、何度もお話しました。



鈴を鳴らしながら、クマポイントも無事に通過。
時折ガスが抜けますが、基本的には視界不良でした。



こちらもお花畑でした。晴れていたらどんなに美しいことか。



贅沢な散歩道です\(^o^)/



かろうじて小塚が見えました。
この区間は前回に歩いた時もガスの中で、あまり良い印象がありません(^_^;)



道は岩場が多く、足に堪えます。

どんよりとしたガスの中を歩き、当麻乗越へ到着。



乗越の少し前の岩場で、不思議なものを見てしまいました(^_^;)

濃いガスの中、前方と足元を交互に見ながら歩いていました。

前方20~30m先に、背が高く、帽子を被って、日帰りサイズのザックを背負った単独者が大きな岩にもたれ掛かって休憩していました。
正確には、ガスの視界不良でほとんどシルエットでしたが・・。

あぁ、誰かいるな~と思いながら、足元の確認の為に5秒ほど視線を下に向け、次に前方を見ると・・・。

いない(・ω・)

どこにもいない・・。

岩の陰にでも入ったのかと思い、その辺りまで進んで所在を確認するも、前にも後ろにも姿はありませんでした(^_^;)

ずーっとキョロキョロしながら歩いてきましたが、やっぱりいない。

先に進んだにしても、見えなくなるほどの距離の差は無いはず・・。

すぐ先の乗越で休憩中、追いついてきた先程の方に「すぐ上の岩場に誰かいませんでしたか?」と聞いてみるも、見ていないとのこと(^_^;)


なーんか見てしまったかな。



乗越から、沼の平へと下ります。
旭岳のロープウェイ駅が見えました。



ここからは両側を笹に囲まれた登山道です。
ところどころドロドロですが、基本的には歩き易い道でした。
少しだけ登り返しがあります。

高度を下げていくと、沼の平が見えてきます。



六ノ沼から歩いてきた山を見上げる。上の方はガスガスです。



ワタっぽいなにか。



楽チンな木道歩きです。特に水没などしていませんでした。



沼の平分岐から三十三曲分岐までもしっかり整備された登山道です。

あまりに暑く、ついイズミノ沢で水浴びしてしまいました(^_^;)



そして無事に下山。
私よりタイガーちゃんの方が麦わら帽子が似合う(笑)


愛山渓温泉の駐車場、とにかく虫が多いです(^_^;)
着替えている間にも色々な虫が寄ってきて不快です(笑)

この半日足らずの間にタイガーちゃんは蜘蛛の巣だらけ(´・ω・`)
メットにも蜘蛛の巣が張っていたので、中に蜘蛛がいないかメットの内張りを剥がして確認しました。



最近は定期的に歩いていないので体力も低下しているし、何より暑さでバテてしまってダメですね(^_^;)

持っていった水2Lも全て飲み干し、ギリギリでした。
快晴だったら足りませんでした。

ポール未使用のせいもありますが、たかだか15kmの行程でしたが予想外にクタクタになりました。



帰路のツーリングはとても充実したものとなったので、別記事で後ほど・・。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます
花の時期に登ったことはありませんが、こっちも花が多いんですね。永山岳までは途中登りがきついですよね

No title

こんにちは~*\(^o^)/*

やっぱり山にはまだまだ雪が残っているんですね~*\(^o^)/*
綺麗な花も咲いていていい景色ですが、私の重い体ではとてもじゃありませんが無理~(≧∇≦)ですね(笑)

No title

くーたさんらしい登山、本当に素晴らしいです!どの写真も私には宝のような美しさです。また実用重視で作業着スタイルも参考になります。ヒグマも出たのに焦りもせず「クマッタクマッタ」のだじゃれにはまいりました!さすが北海道の方々ですね。
タイガーも大活躍。私には絶対にできない登山ツーリングに脱帽です!次回の記事も楽しみにしております。

No title

こんばんは!

高速で目撃しちゃいましたよ~。
追いかけたんですが全く追いつけず...タイガー早すぎです。

今回は愛山渓からだったんですねー。
チングルマの大群落、これは見事ですね!
クマにも会えて?楽しい登山でしたね~(笑)
それにしても今年はクマに遭遇する人が多いですねー。

たまには、ゆる~い山でゆる~いハイキングは
どうですかー?

No title

> aka*ake*さん
おはようございます(´▽`)
このルートは初めてでしたが、まさかこんなにお花畑が広がっているとは思いませんでした。
永山岳まではキツイし、沼の平ルートを回ると遠いし、しばらくは行かないかなと思うルートでした(^_^;)

No title

> ZUNSONさん
おはようございます(´▽`)
大雪山の雪解けは今年は遅いみたいですね~、一年中溶けない部分もありますよ~!
ものすごーいお花畑でした\(^o^)/
もしこの時期に訪れることがあれば、旭岳ロープウェイで姿見の池めぐりぐらいでしたら、そこまで歩かなくても大雪の風景をみられますよ~!

No title

> ちぇすとー!さん
ありがとうございます~\(^o^)/
登山に写真にツーリングと趣味を全て楽しむことができ、とても充実した1日でした(´▽`)
その分疲れ具合も倍でしたが・・(笑)
クマに遭遇するとは思いもしませんでしたが、そこまで人間に興味の無い個体のようだったのが救いでした(^_^;)
タイガーのようなバイクはマルチに使えて使い勝手が良いですよね!良い相棒です\(^o^)/

No title

> TOMさん
おはようございます(´▽`)
まさか皆さんも大雪に向かっていると思いもせず、到着してスマホを見てびっくりでした!
そんなに飛ばしていたつもりは無いのですが、確かにそれなりに抜かしてきた気もします(笑)

皆さんは高原温泉からだったのですね~!
高原温泉からは素敵なルートですが、札幌から最も遠い登山口なのでどうも行くのが億劫です(^_^;)
予想外のお花畑とクマでした~、どちらもなかなか見られるものではないですよね(笑)
そうですね~、たまにはまったりハイキングも良いかもしれませんね(´▽`)
あまり暑い山だと死んじゃいますけれど(笑)

No title

お花キレイですね。
かみさんが興味あるみたいなので
今度一緒に行ってみようかと話しています。

No title

> Kuuさん
運良くお花畑が満開でした(´▽`)
いつまで満開なのかはわかりませんが、旭岳ロープウェイを利用して姿見駅に上がり、旭岳方面へ向かわず裾合平~中岳温泉方面へ向かった辺りにもチングルマ畑が広がっているそうです!
こちらだと高低差も少ないですし気軽に歩き易いかもしれません(´▽`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーた

Author:くーた
2019年3月〜 Yahoo!ブログから移行しました。
バイク、登山、写真など、趣味全般のブログです。

ブログ村リンクバナー

もし宜しければ、ご訪問時に下記リンクをどちらか1回クリックして戴けると励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 北海道バイクライフへ にほんブログ村 バイクブログへ

訪問者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ